近年、日本刀やサムライ、ニンジャが国内外で注目され、様々なイメージで人々を魅了しています。
しかし、現実の刀剣がどのようなものなのか、それを扱う剣術や居合は実際にどのような技なのか、一般の方々には、あまり知られていないことでしょう。
そこで本講座は、弘前藩のサムライ達が学んでいた現実の剣技について、その基本からあらましについて、全く初めての方でもわかりやすく、体験的に学んでいくものです。

【主 催】
特定非営利活動法人 青森県武の輪

【日 時】
2020年10月18日(日)13:00~17:00(※受付開始時刻は後日告知)

【会 場】
青森県武道館「柔道場」(青森県弘前市大字豊田2丁目3、無料駐車場あり)
URL : http://www.aomorikenbudoukan.com/web/index.html

【講座のおもな内容】
(1)日本刀とは何か(刀の基本構造の説明、取り扱い方、手入れ法、作法等の基本を体験)
(2)刃筋を体感(上から吊るした紙等を試斬し、刃筋を体感)
(3)抜刀を体験(林崎新夢想流居合を事例に、刀を抜くこと、納めることを体験)
(4)刀法を体験(卜傳流剣術を事例に、様々な構えからの刀法、素振りを体験)
(5)剣術を体験 その1(卜傳流剣術を事例に、木刀で組太刀を体験)
(6)剣術を体験 その2(卜傳流剣術を事例に、ソフト竹刀等で、先、後の先、対の先を体験)
(7)地稽古(ソフト竹刀等で試合稽古の基礎を体験)
(8)まとめ(武芸伝書から、サムライ達が目指した剣の心について紹介)
 (※講座の内容は、当日の稽古の進捗状況によって、一部変更となる場合があります。)

【講 師】
・弘前市無形文化財卜傳流剣術継承者・武術研究稽古会修武堂主宰 小山隆秀
・弘前藩伝林崎新夢想流居合稽古会 会長 外崎源人

【受講料】
おひとり/¥3,000円(非会員の方)、¥300(武の輪会員)(※当日会場で申し受けます)
※当日の入会も可能です。武の輪の年会費は¥1,000円/年です。

【準備物】
各自動きやすい服装で、マスク、帯(または帯の代わりとなるもの)、汗拭きタオル、飲み物等を持参ください。
(※なお、木刀や模擬刀、ソフト竹刀、袋竹刀等について一部貸出分も用意いたしますが、数に限りがあるため、お持ちの方は持参ねがいます。)

【その他】
(1)講座は、各自の習熟度、体力等に応じて行い、無理はお願いいたしません。
(2)会場内での安全管理について、充分に留意いたしますが、万が一のケガ等については、自己責任でお願いします。
(3)新型コロナウイルス感染防止対策のため、当日体調が優れない方のご入場はお断りいたします。また当日は、各自、事前の検温および手指等の消毒励行、受講中のマスク着用等、厳重な健康管理のご協力をお願いいたします。
(4)当日会場内での、スタッフ以外の写真およびビデオ撮影等はお断りいたします。